« July 2005 | Main | September 2005 »

August 2005

08/30/2005

Skype

Skype

無料電話なるものがあり、
とても便利でよいということです。

試してみました。

インストールを自分でするなんて・・・感動。
(あまりにできないので、

茶娘2号にいつも助けてもらっています)

そんなことしているからいつまでたっても出来ないわけで・・
でも本当にパソコンに弱いのです。


で・・・

どうするんでしょうか。

一応登録はしてみました。


すぐに大阪の知人が私を発見してくださりましたが、

で、どうすれば無料電話ができるの?


パソコンに向かって

もしもーし

といっても聞こえないのでは?


「ヘッドセットがいるのではないでしょうか・・・」



さて、Skypeを使いこなせる日はくるのでしょうか。


不慣れなことに突然挑戦したくなる発作が起きています。

知恵熱だしそうです。


ヘルプ機能がすべて、英語で書かれており、
泣きました。

うーん。

でも何か新しいことを始めるのはウキウキします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

08/26/2005

毎日をたのしむ

050826-125912

毎日ちょっとだけ、お花を飾る。

今日は、黄色の山吹と紫色のランタナ。


玄関の雑巾がけ。

神棚の榊の水かえ。

トイレ掃除。


綺麗にすると気持ちがしゃん。とする。



晩ご飯の前に畑に入り、

キュウリやトマトのいい具合のものをもぐ。

ネギも新鮮なので、切っていると涙がでてくる。


今日は、ご近所さんから茄子の味噌漬けをいただいたので

晩ご飯に食べよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/24/2005

ぶりかえさないように

随分と朝、夕は涼しくなりました。

先日、風邪気味だった体調は戻りましたが、

そろーり、そろり。

無理をせずにゆっくりに眠ります。

夏ばてもそろそろ出てくる頃です。

ぶりかえさないように、ゆっくりゆっくり

あったいお茶を飲んでほっと体をほぐしましょう。

今日の茶の間のお客さま。

毎日忙しく走り回っているそうです。

「お茶はこがんして、ゆーっくり飲まんばね」

と、ほっとしたお顔でお茶を飲んでいかれました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/21/2005

牛すじ肉の煮込み料理

よい塩梅の牛すじ肉が手に入ったので、
早速仕込みましょう。

塩もみして、お酒につけ、一度お湯でアク抜き。

にんにく、たまねぎ、にんじん、なすび
を炒め、そこに、牛すじ肉を投入。

野菜は大きめに切りました。
煮込むとどうしても小さく溶けてしまいます。

塩(お友達に頂いたペルーの塩大活躍中)
黒コショウ、ローリエをいれ、
鶏がらスープストック(沢山作って、冷凍)で煮込みます。

ここで、鍋を2つにわけて、
洋風と和風の2種類の料理に変化させます。

■おでん風に。
昆布だし、醤油、みりん、を入れて煮立たせて、
煮込んだ肉と野菜を入れ、土鍋で煮込みます。

10分ほどで火を止めて、新聞紙で土鍋を包み、
その上からバスタオルでくるみ、保温。
ガスの節約ですね。こうするとじわーっと煮込みができます。

厚揚げ、こんにゃくなど入れ、日々おでん化して
いきましょう。

■牛筋肉カレーに。
100%果汁青森の林檎ジュースを加え、
トマトを2つ、皮を取りいれます。
カレー粉を入れます。

すでに煮込みはできているので、
カレー粉がよく溶けたら、火を止めます。

保温鍋という、2重構造の鍋にて煮込み。

トマトの酸味のきいた夏にさっぱりとうれしいカレーが
できました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/19/2005

読みたくても読めない

茶母が今、読んでいる本が机の上に置いてありました。

村上龍著・『半島を出よ』

分厚い本の上下巻です。

その本の下に置いてある新聞が読みたかったのですが、

手が止まりました。

見てはいけないものを見てしまった・・・

本の装丁に、カラフルなというか(不気味というか)

茶娘の苦手なカエルが、かなりリアルな、しかもちょっと凸印刷

でいるのです・・・

苦手なんです。どうしても、

結局、本を退かすことができず

新聞を読むのを諦めたわけですが、

本の内容には興味があるのですが、

カバーが触れない・・・

茶母が読んだ後に、カバーを外して貸してもらいましょう。

でも、もしかして中の本にもカエルが出てきたら・・・

そんな心配をしてしまうのです。

読みたくても読めない本のようです。うーん困った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/18/2005

ハチクロ☆占い

最近はまった少女漫画

「ハチミツとクローバー」、なかなか面白いんです。

その漫画にでてくる登場人物の占いがあったので、

ちょっとやってみました。

なかなか当たっているような(*^_^*)

http://u-maker.com/50489.html

はぐちゃんタイプのあなたは、古風さと斬新な発想をあわせ持つバランス感覚溢れる人です。好奇心も旺盛なので、あらゆることに興味を持ち、知識を得ようとする努力家の面も。アイディアが豊富で、新しいことにチャレンジする意欲もあるので、細かいチェックさえ怠らなければ、事業などで大成するでしょう。熱中しすぎの怪我などに注意!!少し人見知りなとこがあるかも?我慢したりストレスをためたりしていませんか??もっと自分を隠すことなく前へ前へ出していきましょう恋愛には多少鈍感なところもあるかもでも一度付き合いだすと、ずっとその人を思い続ける一途さが末永く続くことでしょう 

1号さんファンクラブの会員数は、現在7人です!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

08/17/2005

点滴ってえらい

茶娘1号です。

お盆はほとんど寝て過ごしました。

というのも・・・

13日の朝、目覚めると声がでない (ーー;)
うがいをしてみると、のどがはれている。

病院もお盆休みで、休診。

ううーん。

ぐったりしていたら、母が病院へ電話をしてくれた。



「診てあげますから、すぐ来なさい。」とのこと。

かかりつけのお医者様の顔が、ぱぁっと明るく見えた。

そうか、こういうのが、急患というのだね。


とぼんやりした頭で、
急患急患、
キューカンキューカン
途中で誤変換をし、
九官鳥のキューちゃんまで出てくる始末。

脳も熱でやられてしまったようだ。


扁桃腺が弱いので、炎症を起こしている。

「ああ、点滴打ちましょうね。」

点滴、そう高級な食塩水。


先生は普段あまり、点滴を打ってくれない。

「そんなに医者を儲けさせんでもいいのです。」


という持論のもと、最小限の薬をくださる。

だから、点滴を打ってもらえる日というのは、
そこそこ、大変なときということだ。


「あー、熱も上がりますからね。」


37度7分。

家に戻り、一眠りし、測ったら38度。

おお、熱がでてるなぁー

体がウイルスを殺そうと熱で頑張ってるんだわ。

と、いいほうに解釈

薬がきいたことと、ひたすた眠ったことで

おかげさまで回復しました。

夏の風邪は、治りにくいといいますので、

ほとんど治った気分ですが、

もうしばらくは、おとなしくがんばります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/14/2005

餡子こわい~

饅頭こわい

 若い者が集まって、
「誰にでも苦手な物、怖いものが有るだろう」

と言う話になり、

それぞれが自分の怖い物を挙げていきます。

 中の一人が「俺には怖いものは無い」

と息巻いていますが、

急に思い出したく無いことを

思い出してしまったかのように「饅頭が怖い」

と言い、周りの者が饅頭の話をすると震え出す始末です。

 別名 饅頭嫌い 怖い物 好きと怖い


いえね、落語の話ではないのです。




東京で個展をされた、憧れの人から、

「何か送るからね」

という、恋文が数日前に届いていました。


こんにちはー茶娘さんあてに、クール便です。


黒猫さんがにゃーにゃー、届けてくださったのは、


ひんやりと冷たくなった包み。


ふんふんふん♪と意気揚々に包みを開くと。

大分銘菓、竹田のお菓子。

自由堂というお店のものでした。

登録商標 「荒城の月」

■この菓子は砂糖、白豆、

卵の黄身を原料とした黄身餡を
砂糖、寒天、卵の白身を原料とした淡雪羹で包んだ、
高級生菓子であります。

発売以来趣向と美味に

「銘菓中の王座である」との好評を博し、

各博覧会・品評会に総裁賞、大臣賞、

大賞を受領いたしました。


・・・真っ白なお月様のような、

ふわりと柔らかい淡雪羹に、
黄身が美しい餡子。
まさに、荒城の月。


そして、詰め合わせでありまして、
もうひとつ。

登録商標 「三笠野」

■名物に美味いものなしの評を裏切り、

昔の味、ふるさとの
味を持ちつづけている名物菓子であります。
昭和初期に大分県土産品人気投票

第1位を獲得しました。


・・・餡子ぎっしり、確かに昔ながらの味のよう。



で、ですね。

生菓子です、ということは日持ちしません。

賞味期限は16日まで!

お近くに来られる際は、
創業慶応2年、大分銘菓をいかがでしょうか。


餡子こわい~

みなさん、おひとついかがでしょう。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/12/2005

とうもろこし・初収穫

数日ぶりに書きます。<(_ _)>

夏休みの宿題のようです・・・はじめの数日はスタートダッシュで頑張りますが、しだいに遊びたい誘惑の方が勝り、

後で慌てて・・・・大人になっても、変わらないようです。

本当に毎日暑いですね。ふぅ~

ここ数日のことを振り返って書きます。

8月8日。

とうもろこしの初収穫をしました。

(うちの近所では、とおきび、といいます)


今日、野菜名人さんから、

「もう、よかっちゃなか」

と、とうもろこし収穫の許可がでましたので、

いざ、畑へ。


先のヒゲが茶色くなったら、採り頃。
とう目安とおりに、茶色い頭のとおきびを物色。

ものにできそうなものは、4本。

とおきびを半時計まわしに、ぐるり。ともぎます。


採りたてのとおきびを、すぐにゆでましょう。

水から入れて、5分です。

とおきびの皮は一番まんなかの1枚だけをのこして
とります。

たっぷりの水が入った鍋にいれ、5分。

ひとつをとりだして、味見。

ふんわりと甘い味、しっかりと火も通っていて
ナイスな茹で上がり。

収穫して5分で食べられるのも、
家庭菜園のおかげです。!(^^)!

ふふふ。

まだ、とおきび沢山植えているので、
ひと夏分味わえそうです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

08/07/2005

お味噌汁をたのしむ

ここ3日ほど、お味噌汁がきになります。

ようするに、朝昼晩と飽きるまで食べているのです。

外は干物になるほどに暑いですし、

我家にはじいさまの部屋にしか、クーラーがないので

じいさまと仲良くしないと、「涼」は味わえないことに
なっています。

巨人弱いね、堀内やめさせようよ。

世界陸上、みんな速いね。

などみながらの夕げです。

朝昼晩とお味噌汁を飲むには、
具のバリエーションを豊かにしなければなりません。

朝作り、昼は冷蔵庫でひんやりと冷やし、
夜はレンジであっためる。

手抜きではありません。

夏バテしないためにも、
沢山の野菜を摂取するためのお料理です。

さつまいも、大根、オクラ、なすび、わかめ、ねぎ、ごま
出汁でつかった昆布の細切り

が入った朝のお味噌汁に、

昼は山芋をすりおろして、冷汁に。

夜は戻したこうや豆腐を入れて具沢山!

などとひたすら味噌汁です。

昨夜はですね、これはどうかな。

できるかな。

という具に挑戦しました。

セロリ

えー。好き好きもありましょうが、
私はOKだと思います。

1割ほどの方には受け入れていただけるかと
思います。

しかも納豆を入れたりしてみました。

生姜も入れて、爽やかに~

ご近所さんから、芋づるを頂いたので
芋づると玉ねぎとシメジの煮びたし

かぼちゃと玉ねぎの煮物。

もつくりました。

お味噌汁がメインのご飯というのも楽しいです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/04/2005

ちょっと凉けな

blue_frower アメリカンブルー

という名前です。

茶の間の入り口のところに植えています。

育てはじめて3年ほどになりますが、随分と大きくなりました。

寒さに弱いようで、冬の間はほりあげて、

家の中で冬越しです。

太陽が当たる時間は爽やかな青色の花を咲かせて、

夕方には、花を閉じます。

見ているだけで、涼しい風が通り抜けるような爽やかなお花です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

08/03/2005

News from paradise

book

『News from paradise―プライベートフォト&エッセイ』
よしもと ばなな, パトリス ジュリアン

おふたりの往復書簡をまとめた本です。

ひとつ勘違いしていたのは、

パトリスジュリアンさんとジローラモさんの区別がついていなくて、

半分ほど読み進めていくうちに気がついたこと・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/02/2005

ドナウよ、静かに流れよ

donau  茶娘の読書。

 本日の1冊、大崎善生・著

「ドナウよ、静かに流れよ」

「パイロットフィッシュ」「アジアンタムブルー」と、今までに2冊の

作家の著書を読みましたが、

とてもですね、静かでいて柔らかな空気が

ふわり~と伝わってくるよい本でした。

アマゾンで本を頼めばすぐに来るのは便利でよいことなのですが、

中身をちらり。と読んでみてから、買いたい本というものあります。

でも、なかなか本屋さんに置いてないのですよ・・3軒目に発見しました。

やっと見つけたので、1ページ目を読んでみました。

すぐに本の中に引き込まれ、あわててレジへ。

バスを待つ間に数ページ、

食事を作る前に数ページ、

あっという間に読んでしまいました。

なんとなく、今までの雰囲気と違ったのは、

この本が、ノンフィクションであったということ。

活字ばかりの中に、1枚だけ写真がありました。

この人は誰かな??

という、不思議なひっかかりが、

読み終えた後に、

あの人なんだ・・・

と余韻を残しました。

私の本棚には、ずらりと「吉本ばなな」コーナーがありますが、

・・・キッチンから最新作まで並んでいます。

「大崎善生」コーナーもできそうです。

ちなみに、「村上春樹」コーナーも地味に揃えつつあります。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« July 2005 | Main | September 2005 »