« January 2006 | Main | March 2006 »

February 2006

02/25/2006

田中さん

昨日は、荒川静香選手の金メダルのことで、

どのテレビ局も盛り上がっていましたね。

でもー、その演技の4分間をまるまる放送している番組に

チャンネルを変えても変えても見れない。

こう、背中をぐいっと沿った荒川選手の得意技

ばかり・・・みました。

腰痛持ちの茶娘には、ぜったい無理です。

いいなぁ、体が柔らかいというのは。

一日中、リモコンをカチカチ変えるも、

どうしても見られない。

友人が家に遊びにきたので、ふたりでテレビをみても、

見られない。

・・・・・・みたいー(>_<)

宮城県の県民栄誉賞も受賞されると

決まったニュースが流れました。

茶娘「宮城県って、仙台のあるところですよね」

友人「そうそう、県庁所在地だよ」

友人「ピッチャーの大魔神佐々木、ノーベル賞の田中さん

に次いで3人目だって」

茶娘「・・・・・田中さん?って、角栄さんですか?」

友人「・・・・・・・・・(目がちょっと怒ってる)」

その時の茶娘の頭には、東京より上のあたりの

田中さん・・・といえば、角栄さんと、真紀子さん

しか、浮かんでいません。

しかも、県を間違えています。

そう、角栄さんも真紀子さんも新潟県です。

茶娘「だ・・・だって、同じ東北でしょう」

友人「・・・・新潟は東北じゃないよ」

茶娘「・・・・・すみません」

そう、田中さんの検索で間違った情報を取り出し、

県の場所さえ、間違えて覚えている始末です。

仕事帰りで疲れている友人が

お腹をかかえて笑っていました。

相変わらずの、天然ボケだね・・と苦笑いしながら。

とほほ。

| | Comments (2)

02/24/2006

魔法のことば

春は今日も芽吹くだろう。

茶娘2号の家の裏に、よもぎが生えていた。

これを、よもぎ団子にして食べたいな。

と、思う。

でも、似ているけれど猛毒のトリカブト。。。。

だったら、怖いのでちゃんと団子を作る前に毒見をしよう。




今日のいいこと。


魔法の言葉というのを教えてもらった。


「ありがとう」

「感謝します」


何がおきても、上のふたつの言葉をつかいましょう。


自分に不都合なことがあっても、
そのことについてネガティブな言葉は決していわないこと。

悪口をいわないこと。


そうすれば、ツイてくるよと。


今日、いただいたにありました。


はじめに言葉あり。


聖書にもありました。 カトリックの高校に行った茶娘1号。

宗教の時間は真面目にうけておりました(仏教徒ですけれど)



言葉には魂があると。


だから、私はすべてを受け入れて感謝します。


ありがとう。


私の運命は決まっている。

そして、自分でも切り開いていく。


5年ぶりに歌うことをはじめた
私の好きなCOCCOの新譜、
音速パンチをききながら。

ストーブの上では、
「ピリコン」ピリリと美味しい蒟蒻の炒り煮

「ミネストローネ」がグツグツ。


そんな幸せな一日に感謝します。


茶娘1号、30代の荒野を歩いております。


| | Comments (2)

02/23/2006

バスの中のいいひと

昨日は茶娘1号お休みでした。

たまには電車に乗ろう!と駅まで軽く走ったら、

体がガタガタいって、ひざがわらっていました。

乗りたかった列車は、目の前で行ってしまう・・・嗚呼

では、気分をかえてバスに乗りましょう。

さて、のりました。

青いバス。


両替しようと財布を開いたら

5千円札・・・・・


もちろん、知っています。


バスでは、5千円は両替できませんと。


ええ。


でもね。


それでは、バス代が払えません。


ええとっ・・・・笑顔で
運転手さんにお願いしました。


「えー、お客様の中に5千円を両替できる方
  いらっしゃいますでしょうか」


すばらしい運転手さん!
アナウンスをしてくださいました。


バスの車内を申し訳なく見渡すと、

皆さん、ガサゴソ・・・

ええっと、あったかしらぁー

という状態!


素晴らしいバスに乗ったものです(嬉)


そして、一番前に座っていた赤い服のおばあさまに

「はい、数えて。いーち、にーい」

と、両替していただきました。


それも、ピン札。



すばらしいです。

ありがとうございます。



ああ、私もそんな人にならなくては。

反省して、これからは気をつけなければ。


飲み会とかでもこういうことって
ありますものね。

うむうむ。

なにより、入っていないときがもっとドキドキしてしまいますから、

隠しポケットに忍ばせておくのもいいですね。

| | Comments (2)

02/21/2006

菜の花

野菜作り初心者の茶娘1号です。

小松菜が大好物の茶娘は、いつかてふてふになる日を夢見ては、

青虫のように、野菜を食べております。

食べても食べても、

ぐんぐんと勢いよく生長するので、


あっというまに、


なのはな
060221-160337

のつぼみがでてきました。

そう、野菜には、花が咲くのです

そう、食べる速度よりも、成長する速度が勝ると・・・

ああ、綺麗に咲いてるね~。

トウのたった野菜ができてしまうのです。

菜の花を愛でる気持ちと、

ああ、美味しそう!!と思ってしまう心のふたつの気持ち。

もちろん、食い気が勝りまして・・・・・・


つぼみを、ちょっとかわいそうだけど、

摘んで、


塩茹でして、おひたしにしました。


ほろ苦くて、春の味がしました。

春の芽吹きは美味しいなぁ。

これから、ふき、つくし、タラの芽、

どんどん、春の足跡が聞こえてきます。

| | Comments (2)

02/14/2006

ちよこれいと

男子のみなさま。

本日はバレンタインでございます。
88048944_218s 

せめて、画像にてお納めください。




女子のみなさまへ。


ひとつ、茶娘が乙女のころの話を。


バレンタイン・・・に頑張ったな
というのは、中学3年生のときでした。

その当時にあこがれていた野球部のショート君に
チヨコレイトを渡そうと・・・・

放課後、下駄箱付近で待っていたところ、
ダッシュで走り去られました。


ええ、ばっちり嫌われておりました。


彼が片思いをしていた彼女の好きな人のキューピット役を
ワタシがしたので・・・彼女はめでたく、彼氏もちに。

うらまれて当然でしょう。ええ。


盗塁王のショート君は、
50メートル走6秒台。

体育を見学しているワタシが追いかけるなど、
無理。無理。


しかし、


私の危機を察した、健脚自慢の男子10名ほどが、

「奴を追え」

と、全速力で追いかけてくれました。


なんでしょう、こう、忍者みたいな。
風のように駆け抜けてくれました。


のぼり坂を2キロほど


ショート君は、野球部のキャッチャー君にとっつかまり、

私の学生かばんは、柔道部の主将が持ってくれて、

その2キロをトロトロと走りました。


・・・・・ありがとう、みんな。


で、ショート君に、チョコレイトを渡しました。

ま、もちろん、恋は実らなかったわけですが・・・



私はすばらしい友人を持ったものだと、思います。


健脚自慢の男子は、皆、
人気モノかつ、不良さんでした。


不良さんなので、

他の学校に喧嘩をしに行っては、
怪我をし、制服を破き、学校の窓ガラス割り放題。

盗んだバイクで事故ったり、

その当時、一番荒れていた中学と言われておりました。

私の制服のポケットには、
絆創膏と、裁縫セットが入っていて、

ナイフで切られて破けた学生服を縫っていました。

「もう、喧嘩はしないって、いったでしょう!マー君!!」

「だってさ、●●中の奴らが、ガンつけてくるから」

「いつも心配してるんだからね、早く、不良なんてやめて・・・」

などと、同級生でありながら、母的な役割をしておりました。

不良さんたちは、根は優しいひとたちなので、

お昼ごはんを忘れたボケの私のために、

クラスのみんなから、平等にお弁当をカツアゲしてくれて、
立派な幕の内弁当を作ってくれたし、



「ちょっと顔かせやー」

と、校舎の裏に呼び出されては、
好きな女の子への告白の相談などうけていました。


もう、みんな、結婚してお父さんになりました。


そんな事を思い出しました。


15歳のバレンタインは青春でした。

15年後のことは、とりあえず、時効がくるまで
聞かないでください(^_^;)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

02/13/2006

オリンピックがはじまりました

冬季オリンピックがはじまりました。


さすがイタリア。

フェラーリは走るわ。

聖火は、花火仕様だわ。

3大テノール歌手歌うわ。

濃い。

こう、フルボディの赤ワインを飲んでいるというような

かんじでしょうか。

スポーツ音痴の茶娘がおお。とおもったのは、

なんでしょうー、こう、
蜘蛛人間というのか、
シルクドソレイユというのか、
宙づりになったひとたちが、

上へいったり、
下へいったり、

最後は平和の象徴の鳩の形になったり


まるで、仮装大賞のようで、感動!!


と、



同じ人間とは思えない、

イタリア美人


あんなに綺麗な生き物がいるのかと

関心しました。

各国のプラカードを持つ美人さんの

衣装も素敵でした。

メダルがいくつかとか・・・

日本がんばれ!

というのが、正しいオリンピックの応援の仕方でしょうね。

いま、一番気になることは、

安藤美姫選手の4回転ジャンプではなく、

衣装をワダエミさんが作る

ということです。

すみません・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/12/2006

茶娘2号・雪国より

2011 茶娘2号は、ただいま
旦那様のご実家のある、北国というのか
雪国というのか、
九州からみると、本州の上の方・・・
に行っております。
「正しい場所を地図で指しなさい。」
といわれると、秋田県と左右間違いそうです。
ごめんなさい。
2号からメールが届きました。
-------------------------
岩手は想像していたよりも寒くなくて
雪を楽しんでいます。
 
今日のホテルはなかなかキレイで、
景色もきれいです。
送った写真はホテルの窓から。(部屋からではないが)
明日はスキー。
さすがに明日は寒いかな。
-------------------------
ええ、寒いでしょうよ。
九州はなかなかマイナス・・・何度とかにはなりません。
風邪をひかねばいいのですが。
遭難しなければいいのですが。
スキー場では、ロッジから100メートル以上遠くには
行かないほうがいいと思います。
もしも埋まったら、
こう、探しやすいように、パンダの帽子のかぶりものなどしたら
いいのではないでしょうか。
と、雪国に行ったことのない1号は思うわけでして。
がんばれ、2号。

| | Comments (0)

02/11/2006

勝手にバレンタインスイーツフェアー

86191078_19s 世間さまでは、どうもバレンタインという、

茶娘の大好物のチョコレートを男子に贈るという季節が来たようです。

・・・・私も欲しいです(^_^;)

お友達からいただいた
「ロールケーキの本」
を見ながら、ロールケーキを作ってみました。

バレンタイン・・・の練習ではありません。

単なるお菓子作りなのです。さみしいぞ、茶娘(;_;)/~~~

もちろん、自分や家族や、友達がたべるので、

お砂糖はひかえめに。

でも、いろいろと工夫して作りました。

米の粉と、てんさい糖などの入った
プレーンの生地を焼いて、

ガトーショコラを作るときのショコラクリームを作って、

ローストしたアーモンドに、ビターチョコをまぶして


えいやっ


と、巻き巻きしました。



実は、ロールケーキ作るのははじめてです(汗)




お菓子作りに飽きるまで

茶娘のひとり勝手に日替わりスイーツフェアーを行います。


本日のスイーツは

「ショコラクリームのロールケーキ」です。


限定1切れ

茶の間にお越しのお客様、いかがでしょうか。

昨夜は、勇気ある友達数名が毒見にきて下さいました。

腹痛の報告などは受けておりません。

ご安心くださいませ。

手作りお菓子作り歴20数年・・・茶娘1号でした。



| | Comments (4) | TrackBack (0)

02/08/2006

気温1度の場所から届いたメール

本日、茶母は出張にでております。

暴風波浪警報がでている離島へ、

飛んでいきました。

茶母から、メールがきました。

茶娘は雪の為、自力で迎えに行くことを危険と判断し、

空港から帰る乗り合いタクシーを予約したのです。

「ありがと、さむっ」

気温1度の場所から届いたメール

・・・・・茶母らしい、ひとことでした。

| | Comments (2)

02/06/2006

空を飛んだパン

83098578_51s

雨の東京から、

はるばる西の果てまで飛んできた

天然酵母パン。

先日、茶娘のドタバタ東京旅行でお世話になった

おともだちの手作りパンです。


[レーズン酵母でできた、カンパーニュ]


ほのかに甘くて、天然酵母独特の発酵のにおいもきつくなく、
豊かで味わいのあるパン。


ひとくちかじり、その柔らかさと、
焼きたてのパンの香りに
ふわーっと幸せになった。


パンの入った袋を、スーハーする姿は、

ナイフみたいに尖ってた・・・・・少年のようなので、
人前でしてはいけません・・・・・と自制。


スライスをして、バターをのせて、軽くトースト。
焼くと香ばしさがまして、またまた食べ過ぎそう。


今夜は、
このメイン食材のパンを味わうために、

□畑から採りたての野菜を山ほど入れて作った
 スパニッシュオムレツの沖縄タコソースかけ

□採りたてほうれん草の粒マスタードあえ

□白菜とベーコンのコンソメスープ

 を作りました。



そして、


「ショコラケーキ」も!!!

一足早い、バレンタインかしら


心がきゅん。としてしまいました。

ぎっしりと目のつまった濃縮ショコラ。
小さいのに、食べ応えがあります。



お手紙の中には、
このパンと、ケーキの材料も書いてあり、

国産小麦、南部地粉、喜界島のきび糖・・・などなど、
こだわってしかも、体に嬉しい材料が選んでありました。


こんなに素敵なプレゼントをいたたけるなんて、

本当に幸せです。


パンは食べてしまえば、
目の前からは消えてしまうけれど、

そのパンを作った彼女の気持ちは
いつまでも忘れないでしょう。


愛のこもった料理。


これこそが、なによりのご馳走です。


おいしいね、おいしいね。

と家族で笑顔で食卓を囲み、

遠い街で焼きあがったパンを食べるしあわせ。

本当に心のこもったパンでした。

ごちそうさまでした!(^^)!

| | Comments (0)

02/01/2006

携帯の水浴び

     携帯電話が水没いたしました・・・・

バックアップはありません。

お天気もよかったので、水浴びしたい気分だったのでしょう(遠い目・・・・・・・)


さて、どこで水浴びをしたのでしょう。

1、御不浄

2、洗濯機

3、溝

・・・・・・よく、聞くポイントでございますが、

しかし、茶娘の携帯は、

茶娘以上に天然ものでございました。

答えは

「エプロンの中」

は?

はぁ?でしょう・・・


撥水加工のエプロンのポケットの中に

なぜか5センチほどの水たまりがありました。


ご飯をたべていて、お茶をこぼしたのに気がつかず!?

花の水やり中に、ポケットの中に水が溜まっていた!?

このエプロンの中の水溜り、

かなりの量入っていたのですが、

まったく、

ええ、まったく、

茶娘がもともと、鈍いのを差し引いても

お釣りがくるくらいに、

服にしみてきませんでした。

撥水加工のエプロン

すごいわ・・・・

水を拭いても、携帯はピクリとも動かず、

今までみたことのない、赤いランプが点灯しています。

あきらかに、重症。

その後、ランプも消え、電源も入らず・・・・・

泣く泣く、動かなくなった携帯をハンカチに包み、

携帯やさんへ行きました。

友だちのトモダチの担当さんに理由を話して、

「それは・・・・もう、新しいのを・・・」

とプロの目から見ても、救えない状態でしたので、

機種交換をいたしました。

どこも。の携帯をつかっているのですが、

世間では、どうも「ふぉーま」というのが、

主流になっているようです。

茶娘の「むーば」とどう違うのかが、

まだ・・・・理解できません。

担当のやさしいお姉さんが

色々な機種を薦めてくださるのは

大変ありがたかったのですが、

メーカーが変われば、使い方が変わる・・・

という、操作上の慣れ。

を変えることは、機械オンチの茶娘には

とてもキビシイことなのです。

あ、今つかっているのの、後続機で。

とお願いしましたが、

担当のお姉さんは、

「ふぉーまにしましょう、もうすぐいいのがでますし」

と、なかなか茶娘の希望を聞いてくださいません。

・・・・・ふぉーまのお勉強はまた、今度にさせてください。

交渉成功。

そして、新しい機種を手に入れた茶娘ですが。

水あびをした携帯さんの中には、

友人知人の電話番号が・・・・・・

いま、手にいれた機種に、

データの移行は全くされていません。

真っ白な中身の携帯をながめながら、

茶母の携帯番号だけはソラで覚えていたので、

入力しました。

さ・・・・先は長いなぁ。

| | Comments (4)

« January 2006 | Main | March 2006 »