« July 2006 | Main | September 2006 »

August 2006

08/31/2006

おかあさーん

かおりさん

実家ではゆっくりお母さんと会えたの?

・・・ううん

お母さんとは会ってないの。

お母さんはね、いま種子島に住んでいるの。

種子島ぁ???????

種子島って、
あのーロケット打ち上げるとこで、
鉄砲伝来で、
沖縄県になるの?いや、鹿児島県ね。

そう、お母さんは種子島に家を建てちゃって
もう、佐世保には実家はないの。

かおりさんのお母さんは種子島に住んでいる・・・

もう、それだけで、状況設定としてはスゴイ。

わたし(かおりさん)は関東
おねえちゃんは、こないだまで鹿児島で、転勤で山口で
そして、お母さんは種子島

離れて暮らす家族は大変だけど、会うとうれしいよ。

長距離異動でへとへとだし、
帰ってくれば、用事はてんこ盛り、

困った顔で、笑うかおりさんの顔がとても綺麗にみえた。

みんな、お盆とかお正月とかに民族大移動するのは、
家族に会うためなんだね。

私たちが今度会えるのはいつになるだろうね。

また、突然現れるからね!

じゃぁまたね。

と言って手を振る。

また、メールで会おうね。

帰宅した頃、かおりさんからメールが届いていた。

そう、離れていても、こうして言葉は距離を超えて届く。

バイバイ、またね。

またね。

って言葉は続きがあるようで、とても好きな言葉。

| | Comments (0)

08/30/2006

幼なじみのかおりさん

ねぇ、ねぇ、携帯鳴ってるよ。

それはお昼休みでぼんやりと、
窓の外をながめていた時のことでした。

ああぁ・・・・気がつかなった。

隣の茶娘2号が私の鞄を指さしている。

がさり・ごそり・・・とかばんの中を手探りでさがし、

震える携帯を手に取った。

あれ?草ちゃんだ。

普段はメールで話す私たちは、
電話で話すことをしない。

珍しいなぁ・・・と思いながら、通話ボタンを押す。

「あー、今ね、うちの職場にかおりさんが突然現れたのよ、
 だから、連絡先教えといたわ、
 アナタ知らない番号には出ないでしょう」

長い付き合いになると、
私の携帯の使い方まで知っているのね、草ちゃん。

そして、すぐにかおりさんから電話がかかってきた。

突然ですが、帰省していますと。

で、夜が暇であると。

では、草ちゃんと三人で会いましょうかと。

かおりさんとは聖心幼稚園・年長組(ふじ組さん)
からの付き合いなので、
4年ぶりの会話も、ツーカーである。

そう、かおりさんとは、4年会っていない。

かおりさんの結婚式に御呼ばれしたのが最後だと思う。

別に仲違いをしたわけでなく、結婚と旦那さまの転勤とで
遠くの街にいってしまったのだった。

そして、4年ぶりにあった私たち3人。

身長154センチの草ちゃんと
身長155センチの私と
身長164センチのかおりさん

あ、そうか、かおりさんは、背が高かったのね。

少し見上げながら話すのが、なんとも懐かしいね。

今は関東在住のかおりさんのリクエストは、

「新鮮なさしみが食べたいの」

で、あったので、

美味しいご飯の居酒屋やさん、

佐世保本局裏の「がんこ」へいざゆかん。

妊婦の草ちゃんが言う。

「ここのさ、赤い梅酒が美味しいんだわ」

・・・それを飲んだのは、もちろん御懐妊前のことで、

「生んだら、飲むよ、来年かさ来年には飲むよ」

と、隣の席の人の飲む梅酒をじっと見ながら宣言していた。

居酒屋やさんなのに、ウーロン茶で乾杯。

かおりさん、

お刺身食べなさい。
カルパッチョ食べなさい。
海鮮どんぶり(お刺身のづけが絶品)食べなさい。

丸ごとアスパラの天ぷらも食べなさい。
えびとアボカドの春巻き揚げも食べなさい。
水菜と温泉卵のサラダも食べなさい。

れんこんとえびのはさみ揚げもたべなさい。

・・・・・・・・思い出せないけど、もっと食べたような気がする

かおりさんは、お刺身を美味しそうに食べている。

そうそう、どんどん、食べておきなさいね。

| | Comments (0)

08/26/2006

そして2時間歩いてみました

悩んだり困ったり、
言い訳を考えたりしてみたけれど

「とりあえず2時間歩けば体が楽になるよ」

という、先生の言葉を信じ歩こう。


夕飯の支度をし、
愛犬2匹にもご飯をあたえ、

ええと、もっていくもの・・・

帽子(日焼け対策)
水(少しの塩を入れて)
お財布(なにか素敵なものと出会えるかもしれないし)

バスカード(途中で棄権したくなる場合はバスで帰ろう作戦)
手ぬぐい(汗をかきますからね)
携帯電話(見知らぬ街まで来てしまったら迎えにきてもらわねばなりません)

それを、入れる機能的な袋。

・・・・海外旅行用の内側に2重ポケット付きショルダーバックね!(過剰な装備)


10年前から履いている
ウォーキングシューズ

オサレじゃないけれど、
やはり本気で歩かなきゃね。


-------------ま、とりあえず歩きましょうか。

右の道か、左の道か

右の道は街につながり、
左の道は九州最西端につながる

ちょうど太陽が沈む頃で、
左の道に行くと、西日を燦燦と浴びて歩かなければならない。

ノン・ノン

日焼けはお肌の大敵ですから、今日は右の道を行きましょう。


どんどんと家が遠くなる

これから、2時間後にはたして歩いて帰ってこられるのだろうか・・・・


でも自信がないことを考えることさえも、
無駄なので、歩き続けよう。

赤信号で休憩できるとおもったら、
すんなりと進めちゃうし、

蛍2匹がと飛んでいて、
幸せな気分になったし、

右折車に轢かれそうになり、
心拍数あがるし、

家はもう見えないし、


お気に入りのケーキやさんの前で
寄り道しようと思ったら休みだったり、

1時間歩いて引き返せば2時間じゃん。
と、当たり前の計算をしてみるも、

どんどん歩いていって、

家から1時間で梅田町のツタヤまで来てしまった。

ううむ、

案外と歩けるもので、ここまできたら

もう少し街まで歩いて、
素敵なカフェでオサレな美味しいご飯を食べようかな

と気分も盛り上がって

友達の会社の前まで歩いてきました。


お仕事終わってないかなぁ(19時頃)

なんて思いながら、

会社の前で待ちぼうけしてみようかと思いつつ、


うわっ、汗くさい、わたし・・・


と汗だくの自分に気づき、友達の会社の前でUターン

家を目指してあるくのでした。



そして30分ほど歩き、

ゆるい登坂を上りきったところで、2時間!!


1時間の場所で引き返さなかったので、
家にはまだ、ぜんぜん遠いです。


バスで帰ろう・・・ひざが笑っていますよ


そこで、携帯電話がなりました。


ママンだ。


「あらーともちゃん、今どこ~

 ママはツタヤの近くよっ」


 ママン、ナイスです。

  ナイスアシスト!

  それでこそ、わが母。


「えっとねー、2時間歩いてて、疲れたから

 拾ってほしい」とお願い


「オッケー♪」とママン。


 お腹がすいたわね・・・・

 ちゃんぽんでも食べようか。


ということで、ちゃんぽんと太麺皿うどんを食べました。


 「ママ、先にでて、車だしてるわね」


 ・・・・・・・・・私のおごりですか 凹


 ママンのお迎え料は、とくちゃんぽんセットでした。

 
 
 さ、今日も歩きましょうか。
 

 もしかして、毎日歩けばやせるかも・・・と期待をこめて!!

| | Comments (6)

08/24/2006

2時間の使い方

ここに、「2時間」時間があります。

あなたなら、どういう風に使いますか?

映画をみることもできます。

わが町からならば、長崎市にも、福岡県にも、佐賀県にも行けるでしょう。

食べ・飲み放題の豪華ビッフェも頂けます

そう、実は心理テストをしたいわけではなく、

昨日茶娘が使った2時間についてのお話です。

「今日は2時間、歩かんばよ」

20年来通っている整骨院の先生のお言葉です。

思わず聞き返しました。

いつもならば、「40分歩け」と言われるのですから。

に・・・・二時間も歩くんですか?

「そう、腰の痛みを取るにはとにかくね、
 なーんにも考えずに、歩きなさい」

2時間・・・・

かなり、ずしりとくる時間です。

2時間・・・・・

今から歩くとして、もう日が暮れているなぁ

とか、

夜道の一人歩きは気をつけよう!

とか、

で・・・家から2時間どこまで歩けるの??

という、未知との遭遇に不安を感じたりしました。

しかし、いつもは40分の歩行(散歩ではなく、ウォーキング)

が120分になるということは、
いつもよりも、3倍いかがなものか
ということ。

ど・・・・・・どうしよう。

| | Comments (5)

08/22/2006

青い春

甲子園

ああ、なんて、青い春の響き。


テレビに釘付けでした。



女子校に行った時点で、私の青い春は

桃色の象を飼いならす
空想と妄想と耐え忍ぶ3年間になった。


「神様」と呼ばれていた。

苗字が苗字ですから・・・・間違ってはないのですが。


バス停で

「神様おはようございます」


と、言われていた。

バス停には、他校の人もいました。


それは、青い春には遠い呼び名です。

ときめきは生まれません・・・



他校には「占い師」として出張鑑定も。


手相とタロットと四柱推命が趣味でした。

占いの館の人にスカウトされました。



それはそれで、面白いのだけれど、

酸っぱいな、私の青い春。



駒大苫小牧 対 早実、


とてもいい試合でした。





| | Comments (2)

08/16/2006

祭りハッピ

196902717_7s 196902717_51s

196902717_91s  

まぁーお似合いですよ、お嬢様

  と、おだてて着せてみました。

ねじり鉢巻き付きです。

よく出来ています。

しかし、花火大会には連れて行っておりません。

部屋着というか、

クーラー対策というか、

なんというか、

お祭りワッショイ@忍者の気分で。

| | Comments (4)

08/10/2006

うっかり。

さて、サザエさんにどこまで似ているのか疑惑・・・

がある茶母ですが、

またひとつ、伝説的なうっかり。をしてしまいましたので、

茶母・観察歴30年の茶娘1号がレポートさせていただきます。

--------------------------------------------------

電話が鳴りました。

茶母からです。

「も、もしもし、あのね、今、駐車場に行ったらね~

 お財布がないの、どうしよう!!!!」

お財布がない。という言葉には、

お財布を持っていくのを忘れた。と、
お財布を落としてしまった。

のどちらかです。

話を聞くと、
財布を持たずに出かけたようで・・・

しかし、駐車場代は払わなければ、車は出せません。

駐車場代は、ツケではききません。

茶娘、・・・・しばし、対応を考える。

「えーとね、今、バラの包みのデパートの近くだよね、

 ●階の●●売り場に、私のお友達がいるから、

 貸してもらって・・・」

普通はありえない状況設定なのですが、

さすが茶娘の友達「あはははは(笑)」

で、茶母に漱石1枚を貸してくれたのでした。

この茶母の件で学んだことは、

お財布を持たずにでかけた場合、

その場所から半径1キロ圏内に、どれだけ頼れる人がいるのか!?

と、いう公式が当てはまるのでしょうか。

茶母の場合、

繁華街から自宅までの約8キロの道のりに、

漱石を貸してもらえるレベルでの知人が8人必要になります。

市内・隣町をカバーできるほどのうっかり防止策を考えなければ。

友達100人できるかな作戦でしょうか。

| | Comments (3)

08/06/2006

日焼け止め

 
「ねー、日焼け止めクリームある?」

 外はぎらぎら太陽の強い日差し。

 お肌の曲がり角はどのあたりにあるのかは知らない
 もしかすると、
 もう曲がっているかも知れない。

 30代からの基礎化粧品・・・サンプル請求・・・
 電話をかけたくなる・・・

 そう、やはり紫外線対策はちゃんとしなければならない。
 
 日焼けは気をつけなければ!

 しみ・しわのもと!

 だから、日焼け止めなしでは外には出られないのママン

 

 ・・・・・と、日焼け止めクリームを母に貸してもらうために、

 色々と言ってみたりする。
 
 

 
 「はい、どうぞ」

 母がお化粧箱の中から貸してくれた。

 ・・・・・・ねぇ、これ、さ。

 さっき、顔とか腕とか、首に塗っていたものだよね。

 母: 「そうよー」

 これ、日焼け止めクリームじゃない。

 洗顔クリーム・・・・

 
 
 ほら、裏の表示にちゃんと書いてあるから。

 母: 「あらー、老眼鏡かけないと見えないわ」

 ・・・・早く、洗ってきなさい・・・

 あわてんぼうの母の朝はこうして始まるのでした。

 

| | Comments (2)

08/04/2006

真夜中の足音

茶娘1号、いま、絵を描いています。


まずキャンバス(ベニヤパネル)に下地を作ります。


地塗りです。上にのせる絵の具がよく発色するように
白の地塗り剤を塗ります。


2回、地塗りをします。


乾燥。


乾燥。


自然乾燥。

部屋にはクーラーがありませんので、

自然の風で乾燥。



昨夜、早々に寝ていたのですが、




母の足音・・・・ が近づいてくる。



ベリ!!!!!!

茶娘の心の声↓

    うわぁぁぁぁ。


   絵を踏んだね、母よ・・・




   踏んでしまったのね・・・




   ・・・・・





被害(キャンバスが壊れるとか)

はなくてよかった・・・・




絵を床に置いて描くので
このようなことになったのでした。



イーゼルに立てて描くべきか、


部屋にバリケードをつくるべきか・・・・







| | Comments (2)

08/01/2006

新しい携帯

茶母 「携帯を変えようかしら」

その言葉は、もう何度も聞いていたので、

さらっと、聞き流していたのですが、

茶母 「今から、買いにいってきます」

・・・・とうとう、携帯を変えたいという気持ちが

あふれ出した模様。

はい、いってらっしゃい!

1時間後。

茶母が新しい携帯を披露してくれました。

Top01  茶母 「黒と、この微妙な紫しかなかった」

  

 ライトパープルをもつ、茶母。

 ・・・・・・えええと、これは、フォーマじゃありませんね。

 絶滅寸前のムーバですね・・・

ずっと「N」の機種を持ち続けているため、

充電コードも以前のものを仕様(ちょっと節約ね!)

この液晶の部分が、ぐるりん。と不思議な動きをするため、

「私は保守的だということがわかりました」と・・・

いえいえ、保守的なのは、

ムーバを持っていることではないのでしょうか・・・

と、茶娘1号も、未だムーバなのですが・・・・・

| | Comments (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »