« October 2007 | Main | December 2007 »

November 2007

11/17/2007

イタタ

起きぬけに

まだ、覚醒していない状態で

階段を下りると、

痛い目にあいます。

その研究にふさわしいほどの

痛い目にあいました。


左足に擦り傷ー

右手に青あざー


その痛めた足の上に、

テンション高めの、愛犬がダイブ。


わかってやっていないよね・・・

625896302_14s

筋肉痛は1日遅れてやってくる。

あざの治りが遅くなった気がする・・・

同級生からの切ない共感メールをしみじみと眺めました。

| | Comments (0)

11/16/2007

大根三昧

秋です。

ご近所さんの家庭菜園では、冬野菜が可愛い芽を出しています。

「ほらぁ、大根の間引きしたとば食べんねー」

(いただきます)

「菊のいっぱい咲いとるけんが、取りにきなさいなぁー」

(花バサミ持って・・いただきに)

「ついでに、大根も抜いていきんしゃいー」

(ついでに大根を2本、エイヤッと抜きまして)

夜、ピンポーン・・・と玄関先に何方様?

「これ、学校で中学生が作った大根ですから」

(もちろん、いただきます)

おひたしに。

大根おろしに。

おでんに。

我が家では、大根づくしが開催中です!(^^)!

| | Comments (2)

11/12/2007

いかのお宿 お休み処 ささいずみ

そこは、サラリーマンの聖地とも

お父さんたちの楽園とも言われており、

乙女たるもの足を踏み入れては行けないところ
であると思っていました。


其の名も、いかのお宿 お休み処 

「ささいずみ」
Imgp0640

平日は仕事終わりのお父さんたちで満席に

休日もやっぱりお父さんたちで満席になっています。


「大丈夫よ。 予約しておいたのよ。」


入口には、その日のご予約のお名前の札がありました。


「じゃ、2階に行くわよ。」


素敵です、姐さんっ。(姐さんと呼んでしまうの、同級生なのに)


「好きなだけイカを食べなさい、そしてカワハギも!」

そんな風にお誘いをいただいて、久々に夜の街へ出て行ったのであります。

ささいずみは、とても昭和の雰囲気がする場所です。

大きな水槽(いや、いけすですね)泳ぐ魚を見つつ、

お刺身を食べる醍醐味。

そして、すばらしい給仕のおねーさん。


自分の親よりもおねーさんなベテランさんぞろい。

しかもなんともサヴァサヴァ・・

ツレナイ感じがたまらない


注文は速やに行わなければ、

「注文ないの?じゃぁね。」

と、すぐ風のように去って行かれますし・・・

壁にある存在感たっぷりのスイッチを押すと

颯爽とふすまを開けてくださいます。


そういうこと、という流儀がわかれば、とても心地よい雰囲気。

庶民の料亭!

ですから・・・


ということで、食べました。

イカ。

Imgp0637

まだ動いていますし、食べ応えのある切り方ですし、

繊細とか、奥ゆかしさとか、

まぁ、そんなの関係ねー・・・・と思わず叫んでしまいそうな、

豪快な感じです。


お刺身の後の、半身は塩焼きか天ぷらにしていただけます。
Imgp0638

そして、メインをはる2品目「かわはぎ」のお刺身。

一見、ふぐです。

Imgp0634
いや、河豚はそうそう食べる機会がないので、
かわはぎでも充分幸せです。

こちらは、肝付きです。


酒は原価!


もともとは、お酒屋さんから始まったそうで。



「100年目のキリンビールを 90年目のささいずみで」
Imgp0639

という、素敵な(本当に90年も・・・)という驚きとともに、
廊下に張られたキャッチコピーを眺めます。


やたら大きい桶の中にちらし寿司が入っているとか、
レディースご膳の内容があまりにてんこ盛りであるとか、

アジ定食が美味しいとか
ちゃんぽんが美味しいとか、

なんとかをした○○さんが出入り禁止になったとか・・・


なんだかよくわからないけれど、素敵なところ満載の
ささいずみ。

また潜入調査を行きたいと思います。

| | Comments (0)

11/07/2007

ローカル情報!三京モール商店街

【三京モール商店街】

といって、すぐにわかるひとは、そう多くはいないはずですが、

この商店街にも名前があったのです。

今でも、「街に行く」と、

(四ヶ町アーケード方面に行くことをそういいます)

このあたりをウロウロしています。

このあたりの名所といえば、

佐世保バーガーの「ロン」さんなのですが(こちらは息子さんが店主)

お父さんたちは中央病院近くの新店舗にいらっしゃいます。

晩御飯の前の小腹を押さえるものとして、

よくお世話になっていました。

そして、「ドック」

ブルドックの顔がマークの、軽食喫茶です。

・・・・貸し店舗

の文字が・・・

あのこってり系のナポリタンはもう食べられないかと思うと切なくなりました。

あんまり切なくなったので、向かいの宝石堂の横にある

これまた由緒正しき昔ながらの「入船食堂」に行き、

ピーマンの入った皿うどんを食べました。

昔からおじいさんだったような気がしますが、

もっとおじいさんになったご主人とおかみさん。

昭和の香りの店内でゆっくりと食事をいただきました。

街の中にひっそりとある、そんな昭和のかおりがするお店が大好きな

茶娘でありました。

| | Comments (2)

« October 2007 | Main | December 2007 »