« April 2008 | Main | June 2008 »

May 2008

05/30/2008

バナナジュースを探して

突然、バナナジュースが飲みたくなった。

そんなとき、どこに行こう。


五月

ある大雨の日に突然、

私の中のバナナジューススイッチ(誰にでもあるのでしょうか?)がカチリと入り、

御飯やさんや、カフェでメニューの片隅で地味に佇んでいる

バナナジュースを探す旅へ出かけることになりました。



まずは、長崎市東古川町にある

カフェ豆ちゃんへ。

Imgp0514

『新作スムージーが出来ました。 』

ということで、新作のデビュー日に行きました。

ええ、列車にのってですね。

ふらりと、バナナジュース求めて。

家を出てから、2時間はかかります。



「ねぇ、マスター

涙を忘れるカクテルをひとつお願い。 」


というようなことは本当に言って通じるものなのか

実はまだ試したことがないのですが、


「ねぇ、マスター

その新作のスムージーがメニューのどこにも載っていないのは
なぜ? 」


『・・・・まだ、メニューできてなくてね。 』


「・・・・・」


カフェ豆ちゃんのマスターはデザイナーさんなので、

お料理、珈琲はもちろんのこと、焼きたてパン(それは奥様ですね)

月ごとに変わるクオリティの高いギャラリーや、音楽のライブ

そしてメニューまで

ありとあらゆるものが、マスターの頭の中からひねり出されるのです。


ですから、メニューが出来てなくても・・・・注文は通ります。

もしかして、裏メニューの方が多いのでは?

常連さんにしか出されないとか・・・妄想は膨らみます。




昔、まだカフェ豆ちゃんのマスターがデザイン事務所だったころ、

Aという県庁坂の下にある、美味しいケーキを買って、

「嗚呼、このケーキと美味しい珈琲が飲めたら、素晴らしいなぁ」

・・・・あ、そうだ。


すみません、突然お邪魔します。

とデザイン事務所に珈琲飲みにお邪魔しました。


その時の珈琲の美味しかったこと。

お茶党の茶娘は1年に1、2度しか珈琲を飲まないのですが、

美味しいものはわかりますっ。


生まれてはじめて飲んだ、エスプレッソでした。

苦味がなく、深くて、澄んだ味でした。

長崎一珈琲の美味しいデザイン事務所と噂されていたのが納得です。


それから数年後、デザイン事務所兼カフェとして新装開店した

カフェ豆ちゃん


長崎市に行くと必ず立ち寄ります。

ちょっと路地裏で迷いつつ、行くのがドキドキします。

Imgp0947


本題からどんどんとそれていきましたが、

バナナスムージーなのですが、

ヨーグルト入りのさらっとした爽やかなベースに

濃厚なバニラアイス、チョコレートソースがかかり、

バナナジュースをひらりと越えた

スイーツでございました。


川合一民さんの吹きガラスのオリジナル

スムージー専用の器も素敵です。


木のスプーンですくって、

いい机といい椅子に座って、

静かな空間を楽しむ。


つい、ベリーのスムージーも注文してしまいました。

次はキューイのスムージーを食べに行かなければなりません。

定番のマンゴースムージーも食べなくては。


バナナジュースはどこへ消えたのか?

それは私の丈夫なお腹の中です。

これからも、

甘く切ないバナナジュースの旅は続くのでありました。

つづく。

| | Comments (0)

05/28/2008

大正3年生まれ

今日は、私の大事な2人の人の誕生日です。


ひとりは、父方の大叔母 久子おばちゃん

もうひとりは、中学1年生の3学期に出会った友達のKちゃん
Imgp0349
 
久子おばちゃんは、大正3年生まれ

生きていれば今日が94歳の誕生日


Kちゃんは、昭和50年生まれ

今日で33歳


誕生日おめでとう。



私は手先を動かすことを久子おばちゃんに習った。

料理と裁縫と掃除


3歳で米を研ぎ、包丁を触らせてもらった。


京都生まれの大叔母は、料理がとても上手で
薄味でいて深みのある優しい味わいの野菜が多い料理を作ってくれた。

御飯には麦を少しまぜて、
圧力釜の蓋がくるくる回るまで
火にかけ

蕪はうすくうすく、
むこうが透けてみえるくらいに切り
塩をかけ、蕪漬けにした。

胡麻を煎ること、
豆のすじをとること、
そうめんのゆで方
出汁の作り方

分量もなにも、叔母流で
見て覚えたものだった。


私の料理がおそろしく薄味なのは、
叔母の作った味を舌が覚え、
自然にその味に近い味を求めるからだろうと思う

Imgp0111


友達のKちゃん

出会って20年になる。

何度も怒られ、励まされ、助けてもらった。




「よく喋るけん、この人面白かよ」

と言って隣のクラスの彼女を

日曜日のミスタードーナッツの前で紹介してもらったのが
ついこの間のことのようが気がする。

彼女も一児の母になり、厳しくも優しい母の横顔をみせてくれる。

Imgp0623


何かと不自由なことも
気にいらないことがあっても、

それはすべて誰かのせいではなくて

のんきに陽気に暮らしていこう。


生きることの楽しさを

人と出会う喜びを

どうかいつまでも持ち続けていられますように。

大事な人の誕生日におめでとうと言えるのは、

本当に幸せなことなんだなと思います。




| | Comments (0)

05/26/2008

まつりか

風薫る五月

茶の間の超狭小の庭に、まつりかの花が咲きました。

茶母が15年ほど前に10センチほどの小さな苗を植えたら、

ジャックの豆の木・・・とまではいきませんが、

プロのバレーボール選手くらいの背丈に大きくなりました。

Imgp0923

紫色で咲いて、日毎に色が薄くなっていき、

白色になれば、しぼんでしまうのですが、

1本で2度美味しいというような、魅力的なお花なので

バス停前では、おばあちゃん達に大人気です。

Imgp0925

里子として、枝を数本お分けすることもあります。

挿し木にするときは、

鹿沼土などのサツキ用の土に葉を落とした枝を差し込みます。

咲き終われば、剪定をして、腐葉土などの栄養をお礼肥として与え

お花の機嫌がよければ、また秋に花を咲かせます。

| | Comments (0)

05/21/2008

今日の朝ごはん

4時半起床

5時 起動

6時半 犬と散歩

7時 朝ごはんの用意

7時15分 朝ごはん

 玄米ごはん
 沖縄のあおさ、たまねぎ、おぼろ豆腐の御味噌汁
 豆とレタスと玉ねぎときゅうりと蒸し鶏のごまサラダ
 桜海老としいたけのひょうろずあんかけ

Imgp0908

今日もよいお天気です。

さ、水曜日のはじまりです。

| | Comments (0)

05/11/2008

ちゃんぽん

Imgp0892 長崎県民ですので、

給食にちゃんぽんがでていました。


お店では、長崎中華街の江山楼の上ちゃんぽんが濃厚スープで
大好きなのですが、

嗚呼、ちゃんぽんが食べたい・・・

と思って長崎市まで走っていくことはなかなかできないので、


お家でちゃんぽんを作りました。

県外在住の友人は、「スーパーにちゃんぽん麺が無い」

「焼そばの麺とは、違うのにぃ」

と、長崎人魂をバクハツさせていました。

そういえば、ヤクルトの社長さんは長崎出身で

社食にちゃんぽんがあるらしいのですが、本当なのでしょうか?

| | Comments (0)

05/01/2008

八十八夜

夏も近づく八十八夜
Imgp0366
本日、5月1日は立春から数えて八十八夜です。
うるう年であったので、一日早いのであります。
いよいよ、北村家の新茶の摘み取りがはじまりました。
摘み時の茶畑へ出て、さぁ!
Imgp0365
『毎年、その畑でのならわしといいますか、どうしても避けては通れないというか・・・・』
そこでは、どうしても毛虫に刺されてしまうという、
運命のイタズラというか、
ヌシへのご挨拶なのか・・・
痛みとかゆさをこらえての、摘み取りになりました。
と、長男 誠さんです。
でも、毎年ってどういうことでしょうか?
『毎年、同じ場所でそがんことになるとよ』
と、サツ子お母さん
『別の茶畑では、次男さんのお嫁さんが同じようなことになるとよ』
・・・・!!
朝の摘み取りの前には、『マムシ』がいないかどうか、
杖を持って茶畑の見回りに行く、親二お父さんの姿も。
新茶の摘み取りのあとは、すぐに製茶作業にかかります。
早朝から深夜までの長~い茶摘トライアスロンが
これから新茶が摘み終える日まで続きます。
北村さんは、一家総出でお茶作りに励まれます。
新茶が出来上がるのは、
ゴールデンウィーク明け頃となります。
旬の味をどうぞおたのしみに。

| | Comments (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »