« 秋の始まりのような朝に | Main | 母の手 »

08/23/2009

はじめてのテルミン

本屋さんにて。

文庫本を右手に、左手に

『 大人の科学 テルミンmini 』

学研の付録つき本です。

ずっと前から気になっていたのですが、

とうとう買ってしまいました。

浮かれた足取りで、家路へ・・

まずは、ドライバー1本で組み立て。 (なんとか25分で完成)

013

ひゅーどろどろろー

ふぉーん

などといわせながら、チューニングをします。

■ 実験その壱 ■

人体からアースをとってみます。

感電しない洗濯機とかにある線のようなものですね。

アルミホイルを短冊状に折り、電池のマイナスに差込みます。

これを本体を支える左手で押さえながら、音を探します。

アースを取ると、蚊の鳴くような小さな音から、犬の寝言ぐらいの音に

向上しました。

□ 次は、音質の改善として、アンプを接続しよう!に挑戦 □

 標準ジャックモノラル用と、リード線のみで改造できるらしい・・・

014

音階が取れるように、テルミン道はげみます。

あるいはかわいいインテリアとなるかもしれません・・・

|

« 秋の始まりのような朝に | Main | 母の手 »

Comments

おー!テルミン!

奇遇ですね。おぃらも先日大人の科学買いました。テルミンではなく、4ビットマイコンの方でしたけど。

小学生の頃、買って欲しかった「子供の科学」ずっと買ってもらえず、やっと5年生になってから定期購読してもらい、毎月の付録に胸ときめかせてましたよ。

大人の科学、次号は二眼レフレックスカメラ・・・これまたほしい。

Posted by: ぜの字 | 08/23/2009 at 10:24 PM

ぜの字さん

いつもコメントありがとうございます。

大人の科学ファンがこちらにもいらっしゃいました!

4ビットのマイコンもテルミンの横にありましてちょっとだけ、悩みました・・・

学研の付録は、子供の頃に友人宅ですでに完成したものを見せてもらっていたので、あこがれてはいたものの、できるはずないと!

あれは男子のものであって、女子は
乙女のバイブル「りぼん」でした。


>大人の科学、次号は二眼レフレックスカメラ

どうぞ大人の科学ですから、大人になった今買うしかありませんね!

以前発刊された、ピンホールカメラ号は
完売だそうですので、やはりカメラものは
人気があるのですね。

カメラの世界も奥が深そうです・・・

Posted by: 茶娘1号 | 08/24/2009 at 08:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 秋の始まりのような朝に | Main | 母の手 »